介護食を宅配にするとやわらか食が注文できる

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、機能の低下など人それぞれです。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとしてレベルごとに分けられているのが介護食です。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、調理担当が作ったお料理を用意していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。そしてさらに施設によってはきざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、美味しく食べられる調理法を提供している老人ホームもあります。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特徴が見受けられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がってしまいます。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。入院中のお年寄りのごはんが進まなかったのは噛めないのではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で食事の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪い食事は出さないと決めました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。これまでと同じ食べ物を食べることが難しくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、そもそもの食べる量が少なくなったりして体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように意識して良質なタンパク質を摂ることをおすすめします。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、肉や魚が苦手な人は、卵や豆腐で代わりに補うことができます。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはさまざまなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、いつまでも健康でいられるそうです。介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとかなり助けになります。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食に対する意欲が薄れてしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。年齢とともに口の中で作られる唾液の量は減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できる食事を常に意識すると良いでしょう。あまり気分が乗らないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、食べやすさに配慮した商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方も、介護をする方も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。こちらもおすすめ>>>>>介護食 宅配 やわらか