γ-GTPは肝臓の機能障害の数値です

肝臓病でお困りの方に適した、カロリーの少な目な特殊食品が売られています。このような商品を的確に用いる事が無理のないご飯管理につながります。肝臓機能が落ち込む程に、より厳正にご飯を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手にご飯内容を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。肝臓病に罹ってもご飯療法を厳守すれば、体内に邪魔な老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)や毒素がたまらなくなります。老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)が無くなれば尿毒症を引き起こさず、肝臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手くいった場合、肝臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能なのです。ご飯療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言うことではありません。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。肉や魚その他卵や豆腐はすさまじくな量のカロリーがあり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったより多量のカロリーが入っています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、カロリーをとりすぎてしまう可能性があります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個相当のカロリーが入っています。肝臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)まで、体内で増加し初めます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の原因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・カロリー・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を体内に供給しつづける事がもとめられます。ガンマGTPは筋肉中の物質からできる老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)で、肝臓内で分解された末他の老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)共々、尿中に排出されます。ガンマGTPの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉が衰えてくると、合わせてガンマGTPの数量も減る訳です。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるガンマGTPの度量が多くなるため、通常よりもガンマGTP値は少なくなります。ご飯をして摂り入れ立カロリーは、体内で代謝され、不要なものは老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)となり血液中にたまります。血液は肝臓に流れて分離された末、要らない老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)は尿となって体外に排出されます。カロリーを余分に摂れば、それだけ不要な老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)が増えるので、肝臓にもたらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、カロリーの摂取量を調整する必要が出てきます。ですが、カロリーは人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ってください。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。肝臓病のご飯療法の目的は、肝臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、透析導入を遅らせることができます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は重要視されます。
管理人のお世話になってるサイト>>>>>γ-GTPを下げる食事